新篇武蔵風土記稿

氷川社

境内除地五段二畝、村ノ中央ニアリ、本社ハ丘上ニアリ七月二九尺、拝殿三間四方、石階二十級ヲ下リテ鳥居ヲ立、両柱ノ間九尺、左右二古松アリ囲各一丈八尺余、当社鎮座ノ年代詳ナラス、昔ハ年貢地ナリシカ元禄年中ヨリ社地免除アリシト云、祭礼年々正月十五日、備射講卜云コトヲ執行シ神楽ヲ奏ス、村内安楽寺持。下四社同シ。

末社稲荷社。祭礼年々二月初午ノ日、コレモ本社ノ如ク備射神楽等ヲ執行ス。

八幡社。除地一段五畝、村南ノ丘上ニアリ。

諏訪社。除地三畝、是モ村南ニテ相州街道ノ中ニアリ。

第六天社。見捨地、村西ニアリ、是モ小雨ナリ。

第六天社。下目黒道ノ往還ニアリ、小祠。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です