神輿渡御

神輿は神様の乗り物である。祭りの日、神社に迎えられた神様は、さらに神輿に移され、氏子の住む町に担ぎ出される。この神輿の渡御(巡行)によって地域全体が神の祝福と守護を受ける。 神輿を渡御する順序としては、御霊移し(御霊入れ、遷礼式)―渡御―御旅所(御仮屋、神酒所)―渡御―御霊移し(御霊返し)。 もともと江戸の祭りは江戸城の鎮主である日枝神社の祭礼と江戸城下の総鎮守である神田明神の神田祭を天下祭と呼んでいた。江戸っ子は将軍様に見せる祭りにはりきった。 天下祭りでは、神輿の渡御はあったものの、主流はむしろ大型の山車の曳き回しにあった。ところが、路面電車や電線の架設の普及により、山車の曳き回しができなくなり、登場してきたのが、彫りや飾り金具に贅をこらした町内神輿であった。こうして、東京の祭りの主役は、山車から神輿に移っていくことになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です