神輿の担ぎ方

火事とケンカは江戸の華と言われた。お祭りにはケンカがつきもので、江戸時代に武士や金持ちに押さえつけられていた江戸庶民の、うっぷんを晴らす絶好の機会でもあった。太田・品川には江戸前、城南前(城南担ぎ)、よこた、3つの担ぎ方がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です